京都には、何十年、何百年と続く老舗といわれる企業が多く存在しています。
私自身も、京都で何代も続く着物メーカーに生まれました。

伝統を継承し、未来へつないでいく。そんな企業をWEBから支えたい。WEBで新しいチャレンジをするサポートがしたい。そんな想いから株式会社リトラを創業しました。

Webマーケティングにおいて、関西は東京と比べ1年以上遅れていると言われています。
確かに京都でお客様のお話を聞くと、WEBに取り組んではいるもののマーケティング戦略がうまく機能していない企業が多いなぁと感じます。

WEBのことは全くわからない。どうしたらいいか悪戦苦闘している。

リトラはそんなお客様に誠実に寄り添い、課題解決のために全力で取り組むことで、ともに歴史をきざむパートナーを目指して、挑戦し続けます。

株式会社リトラ 代表取締役
藤林 理之

代表プロフィール

  • 藤林 理之
  • 1989年
    京都で何代も続く着物メーカーに生まれる。
    幼少期から日本の伝統文化や和服に触れる機会に恵まれる。
    2013年
    中央大学商学部 卒業

    Webの世界に興味があり、大学卒業後、Web広告代理店、ECマーケティング株式会社、株式会社カカクコムにて、30社以上のSEOや広告戦略立案、サイト制作や『価格.com』や『食べログ』のSEO担当としてWebマーケティングの経験を積む。

    2015年に伝統工芸作家の父が他界。生前、減退の進む伝統工芸産業で父の苦悩を間近で感じながらも、社会人として力不足で何も助けられなかったことを悔やむ。そのときの後悔から、父のように困っている人に手助けができるようになりたいと、生まれ育った京都にて株式会社リトラを創業。

    SEO対策やWeb広告戦略、サイト改善および制作を得意としている。

  • 祖父 藤林徳扇 父 藤林宏茂
  • 【祖父・父】

    祖父 藤林徳扇(左) 父 藤林宏茂(右)

    • 伊勢神宮奉納
    • 京都御苑装飾
    • 紺綬褒章受賞
    • 黄綬褒章受賞
    • 森進一・昌子御夫妻婚礼衣裳一式制作
    • ヴァチカン市国ローマ法王謁見・収蔵

社名の由来

社名の由来

Re:traは、“再び”や“何度も”といった意味をもつ接頭辞の「Re」と“伝統”や“慣習としての型”という意味の「tradition」を組み合わせたものです。

京都には何十年、何百年と続く伝統ある老舗企業や京友禅・西陣織といった伝統工芸産業が多く存在しています。そんな老舗や伝統工芸産業をwebによってもっともっと元気にしたい。伝統を守りつつ、新しいチャレンジをする老舗をサポートしたい。そして、私たちも何度でも諦めず“Retry”する存在でありたいと想い、社名といたしました。

また、コーポレートカラーには、品格を意味する“紫”を使用しています。これは、顧客に対して誠実に品格をもった対応をしようという姿勢を表しています。

会社概要

会社名 株式会社リトラ
本社所在地 〒615-8073
京都府京都市西京区桂野里町50−115
代表取締役 藤林 理之
事業内容 WEBマーケティングコンサルティング、Web制作、自社サービス運営